デイジー

愛猫デイジーと暮らしています。児童文学を書いています。

サービスのお茶

風邪をひいたので、病院に行きました。その後、薬局でお薬を待っているときのことです。

最近は、お茶の自販機が置いてあります。咽喉が乾いていたので、お茶をいただこうかと思いました。

自販機には、いろいろ注意書きが書いてありました。

「残った飲み物は、給水置(コップを置くところの下)に捨ててください」

「うがいは、おやめください」

お茶を、いただくのはやめました。