デイジー

気持ちがいいと、イビキをかきます。

見上げるエネルギー

f:id:kikumaru88:20150508144008j:plain

ここは何かと言いますと、

RED BULLAIR RACE CHIBA 2015 の

パドックの建設中です。

レースは終わり、パドックは解体中と思われますので

写真をアップいたします。

世界トップクラスの技術を持ったパイロットが

最高時速370キロという速度で飛ぶ

空のF1と呼ばれるレースです。

 日本からは室屋義秀選手が参加しています。

このレースが幕張で行われると知ったのはほん数週間前。

海辺の公園を散歩中、建設中のパドックがありました。

格好良く「パドック」などと言っていますが、

最初、三番瀬方面の滑走路を見て、建設中の建物を見て

「ここにベンチが出来て、ここで見れるのかしら」と、

「ここで、見られたらいいね」とおしゃべりしていたら

近くにいた人が、

「あそこは滑走路で、ここは格納庫になります」

と教えてくれました。

関係者の方でしょうか。

とんちんかんなことを言ってる人を見て、

心配になったのかもしれないです。

 昨年10月、こんな記事を書きました。

http://kikumaru88.hatenablog.com/entry/2014/10/11/233359

震災の影響で、防波堤には土が盛り上がり、風化を象徴するような雑草が生えていました。悲しく悔しくて「静かな海」という記事を書いたのですが、それから半年たらずで、「震災」と「風化」を象徴する場所が整備され、世界トップクラスのパイロットを要するパドックが出来たのです。

びっくり仰天の展開です。

レースは幕張の沖合で行われ、

この公園にはパドックが出来たようです。

昨日は、予選を観てきました。

滑走路が三番瀬近くまであるので、離陸に準備を要するのかと思ったら、離陸は、ほんの数秒で、あっというまに空に飛び立って行きました。

三番瀬近くに着陸して、

着陸した飛行機がずっと地上を走ってくるようです。

次々と飛び立つ飛行機が、空を舞います。

たくさんの人が空を見上げました。

前を向く意識、空を見上げる気持ちには、

ある種のエネルギーも必要なのだと思います。

飛び立つ飛行機は、舞を舞っているようでした。

地球という神に、

人類の叡智をつくした飛行機で舞を奉納したようでした。