デイジー

気持ちがいいと、イビキをかきます。

春雨

春雨がすきです。

麺ほど長くなく、つるっと口に入るときのふわふわの食感と、いろんな味つけができるところです。

近所に激安スーパーがあり、そこでは春雨が100グラム86円でした。2パック買っても172円です。ニラは一束112円。卵とオイスターソースは買い置きがあるので、春雨とニラを買えば、284円で春雨のオイスターソース炒めができます。

食卓で山盛りの春雨をみると、激安スーパーって、すごいなと思います。

春雨の名前の由来は、ネットにたくさんでています。

季語にもなっています。

春雨は、春の雨。

春に降る雨です。

北国で育ったわたしは、長い冬の間に降り続く雪をみているとき、感情はとまっていました。何かを考えると悲しくなるからです。

長い、長い、冬が終わり、雪が雨に変わったとき、涙が出たことがありました。

スーパーの店内で、にぎやかな音楽を聴きながら82円の春雨を見つけても、春の喜びと、悲しい冬の悲しみが入りまじるときがあります。

なんで、こう、辛気くさいのかな。

中華鍋で春雨を炒めながら

悲しい思い出なんか、美味しく食べてしまえと思います。

 

スカイツリーも見えます

f:id:kikumaru88:20161126164343j:plain

遠くに、スカイツリーが見えます。

雨上がりで、きれいでした。

 

 

瀬田貞二氏 「絵本論」

瀬田貞二氏 「絵本論」 福音館書店

・子どものまねをするな

・子どもに書くこと

この項目を肝に命じて、

創作していきたいと思います。

画像は、243ページ

「いのちのうた<バージニア・リー・バートン>

高校時代の恩師

安斎涼子先生が大好きだとおっしゃった

「ちいさいおうち」の作者です。

 

f:id:kikumaru88:20161119125500j:plain

大きな代償があったにもかかわらず、

童話と、児童文学をすすめてくれた方のためにも。