デイジー

猫のデイジーと暮らしています。

オレンジになれないみかん

橋本治氏の短編であったフレーズです。

みかんは、やっぱりオレンジになれないのかな。

当時、かなり悩みました。

 

年月がたって、

オレンジになれなくても、みかんはみかんでいいし、

オレンジの良さ、みかんの良さ、それぞれかな。

オレンジにならなくてもいいみかん。

オレンジよりすごいかもしれないみかん。

オレンジはみかんよりやっぱりすごい。

ん? わたしにとっては

哲学的な問題を含んだ、名言です。

 

 

シャツにセーター、

ダークな色のジャケット。

ちょっとヨレヨレなところが、

いかにも堅実な作家の風体で、格好良かった。

 

 

賢い人ほど、わかりやすく教えられるそうです。

橋本治氏の文章は、

本当に読みやすく、わかりやすいものでした。

ご冥福をお祈りいたします。

ありがとうございました。

 

 

 

New Year A Cappella

1月18日横浜美術館での、jammin'Zeb
『ニューイヤー・ア・カペラ』終了しました。

わたしも行きたかった。でも、行けなかった。

行けなかった人も大丈夫。

jammin'Zebは、たくさんCDを発売しています。

 

コンサートの様子は、こちらのブログから。

lineblog.me

 

赤いスポットライトの中、桜の花びらが美しいですね。

これは「さくら」を歌っているのかな。

2012年に発売された「Garden」に「さくら」は収録されています。

 ブルーのスポットライトは、星かな?雪かな?

2018年に発売された「Your Songs Vol.2」に、「美女と野獣」は収録されています。「The Rose」「For Once In My Life」「 Anything Goes」

「Quizas Quizas Quizas」「 What Now My Love」みんな大好き。

ディスコグラフィーは、こちら。

http://jamminzeb.com/discography/

 

 

3月13日(水)には、待望のニュー・アルバム、
『Your Songs Vol.3』発売されます!

なんと、メンバーのスティーブさんと、同じ誕生日です。

 

以下、メルマガに記載されていた情報。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ファンの皆さまからのリクエストだけで構成する、
前代未聞のこのシリーズも早3回目。
今回も珠玉の名作がずらりと並びました。

☆70年代を代表するAORの名バラード
「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」

☆大御所シナトラ版とは一味も二味も違う若さが魅力の
「夜のストレンジャー

☆ヨーロッパの古い教会から聞こえてくるかのような崇高な
「アマポーラ」

☆甘くとろける新感覚ボッサ・ノーヴァ
イパネマの娘

☆昔のダンスホールを思わせるような楽しさに満ち溢れた
マック・ザ・ナイフ

ユーミンの名曲がこんなにもお洒落に様変わり
「春よ、来い」

☆60年代ミュージカルの代表作とも言える雄渾な
「見果てぬ夢」

などなど、、、
ジャミンの魅力が遺憾なく発揮された全15曲!

曲の良さ、斬新なアレンジ、美しいハーモニー、
4人4様の個性的なソロなど、
聴きどころ満載の、
素晴らしいアルバムになりそうです。
どうぞご期待下さい!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファンクラブに入会すると、

このように熱いメルマガ、ジャミン・ゼブ OFC 通信が届きます。

お誕生日には、抱腹絶倒、お役立ちメルマガも届きます。

昨年の誕生日に届いたメルマガで、わたしは3日笑いましたっ。

 

そんな爆笑メールを読んでみたい方は、

(あ、もしかしたら微笑ぐらいかも)

こちらからファンクラブ登録をどうぞ。

ファンクラブ | jammin’ Zeb Official.

 

jammin'Zebの魅力は

メルマガにも書かれていたように

「4人4様の個性的なソロ」なのです。

一粒で4回おいしいキャンディーのようなもの。

是非、CDを聴いてみてください。

 

 

 

 

Pascoの蒸しパン

 

ほかほかで、消化が良くて大好き。

f:id:kikumaru88:20190112113639j:plain

関東地方、良いお天気でしたが、とても冷えています。

 もうすぐ大寒ですから、そりゃ、寒いですね。

年末に図書館から借りた本を、なんだかんだと読めず、

更新して、さらに二週間借りました。

 

今年も、たくさん本が読めますように。

皆様に、たくさん良いことがありますように。

 

 

 

 

村次郎 選詩集  管啓次郎 選

もう一人の吾行くごとし秋の風

 

f:id:kikumaru88:20181211161325j:plain

 

左右社から発売されました

「村次郎 選詩集  管啓次郎 選」

やわらかな言葉に、何かが揺れました。

管啓次郎ファンにとっては、

あとがきも大変面白いです。

なぜか、本より、コメダ珈琲カップが大きい。

しかも、珈琲が入っていない。