デイジー

猫のデイジーと暮らしています。

jammin'Zeb  THE GIFT

jammin'Zeb  

よみうり大手町ホールでの

THE GIFT コンサートに行ってきました!

f:id:kikumaru88:20181203121655j:plain

 

 

凄かった!

本当に、凄かった!

うますぎる!!!

 

シモンさんの「明日に架ける橋」は素晴らしかった。

この曲は、こういうワイルドな曲だっけ?

魂の奥から、涙と一緒に元気も出てきました。

ジャミンと一緒に、シモンさんと一緒に

いろんなことを乗り越えていけそうです。

 

When A Child is Bornは

わたしのウォークマンのブックマークに入っています。

ティーブさんの声はよく伸びて、

今日は、スパイスではなく、メインディッシュ、

それもミシュランガイド三ツ星クラスでした。

 

Peace on earth は世界中の人に聞いてほしい。

Riseを聴くと落涙していました。

Peace on earthを聴いても、落涙してしまいます。

歳をとったのかな。

コンサートの最後に、この曲を聴けて本当に良かったです。

 

Your Songs  Vol.3 来年 3月13日に発売とのこと。

楽しみです!

 

 

jammin'Zebのディスコグラフィーはこちらです。

ディスコグラフィ | jammin’ Zeb Official.

 

いろんな曲を是非聴いてください。

 

 

 

 

 

丸善  M&C Cafe

丸善のM&C Cafeより。

f:id:kikumaru88:20181110144006j:plain

東京駅のビルの上を、どんどん雲が走っていました。

地上では電車が走っています。

名物の早矢仕ライスをいただきました。

丸善創始者、早矢仕 有的(はやし ゆうてき)氏が考案したことにより

「早矢仕ライス」と名付けられたと言われているハヤシライス。

優しい味です。

そのあとは、大丸のイノダコーヒーへ。

来るたび、新しいお店に行ってみようかと話しても

結局 M&C Cafe の早矢仕ライスと、イノダコーヒーに行ってしまうのです。

 

丸善には、2017年10月、3階にブックカフェ

「Cafe1869 by MARUZEN」がオープンしました。

夫は、自分が出張のとき、気分転換に行って来たら、と言ってくれました。

東京駅の電車を見ながら、コーヒーが飲めます。

今から、楽しみです。

 

 

 

 

 

スカイツリーも見えます。

スカイツリーが、くるくる回っていました。

f:id:kikumaru88:20181105181302j:plain

駅前のビルがリニューアルオープンして

とても賑やかになりました。

昨年、撤退したスーパーのあとにショッピングモールもできて

美味しい珈琲も飲めるようになりました。

クレープも。

図書館も近くだし。

あー、恵まれてるなーと思います。

毎日、感謝して生活しなければ。

 

 

 

 

 

 

10月も、あとわずか。

春に資格をとってみようと思いたち、テキストを読み始めて半年。

好きな本を読み出したら、資格の勉強をしなくなってしまいます。

試験が終わるまで、本は我慢だー。本断ちだー。

ということでしたが、試験が終わりましたので、

公民館にある図書館の分室に、半年ぶりに行きました。

親切な司書さんは、お元気そうでした。

f:id:kikumaru88:20181021184017j:plain

「バッテリー」を読みたかったんだ♪

「ソフィアの白いばら」は、ずいぶん前に読み始めて途中までしか

読んでいなかったもの。

図書室で偶然見つけたので、借りることにしました。

こういう偶然の出会いが図書館は素晴らしい。

試験頑張ってね、と娘が、

安室透スピンオフの「ゼロの日常」を買って来てくれました。

なんて親孝行な娘でしょう!!

安室透、大好き!

管啓次郎さんの「斜線の旅」は、テキストに飽きたときに、

ちょっとだけ読んでいました。

あっ、本、断ってないじゃないか。

だって、ちょっと海外の話とか、読んでみたかったから。

あー、意志の弱いわたし。

徳川慶喜家の子ども部屋」

こういう特別な環境で育った方のエッセイが好きです。

赤と白のストライプのブックカバーは内緒です。

とにかく、バッテリーが読みたかった。

 

 

写真には写っていませんが、読みたいもの。

「ふたりのアーサー」

ジーヴス」シリーズ

これは児童文学。やっぱり面白い。

高慢と偏見」「戦争と平和

普通の内容も、無性に読みたくなるときがあります。

「社会的共通資本」字沢弘文氏の名著。

小説ばかり読んでいると、経済書が新鮮にうつります。

経済って、大変だな、おだやかに過ごしたいなと思うと

また、児童文学を読みます。

 

 

 

ご褒美のクレープ。

f:id:kikumaru88:20181021155548j:plain